【PROGRIT(プログリット)】5分で本気レビュー – 口コミから料金や効果の評判を解説!

英会話を勉強しないといけないが、忙しすぎて勉強する時間が取れない…(30代男性)

毎日英語の勉強をしてるけど、本当にこれでいいのか不安で日々モチベーションが下がっています。(20代女性)

このような悩みを持っているなら、プログリットを利用する価値は大いにある。

一般的な「英会話スクール」という概念を徹底的に覆し、英語を教えない「英会話コーチング」に特化した斬新なスクールであるプログリット。

漠然とした不安…
  • 効果…英語を教えてくれないのに、本当に英語力って伸びるの?
  • 価格…高くない?他の勉強方法と比べて価格は妥当なの?
  • 特徴…他の英会話コーチングスクールの違いってなに?

プログリットに通おうか興味があるけど、このような不安を抱えている人も多いだろう。

そこで、プログリットに実際に通っている人の口コミや評判を調査するとともに、英語を短期集中で身に付けることに対して誰よりも詳しい私が、短期間で身につけることができるか?という観点で徹底レビューしていきたい。

申し込んでみようか迷っている人の参考になれば幸い。

プログリット

プログリットの無料カウンセリングはこちら

プログリットは生活スタイルにガンガン踏み込む鬼の英会話コーチング。ムダを一切省いて短期間での英会話習得を可能にしている

短期間で英語力を伸ばせるか5

短期間で英語力を伸ばすコツは「本質を突いた質の高い学習」を「毎日継続して」行うことに尽きる。これこそ王道であり近道は無いだろう。プログリットはこの2つの条件を満たしており、短期間で英語力を伸ばす土壌が手に入る。

月80時間の勉強時間を捻出するカウンセリング

プログリットが他の英会話コーチングと徹底的に違う点、それは「生活レベルに踏み込んだコーチングスタイル」であること。英語の習得には勉強時間の確保が必要不可欠であることは重々承知していても、忙しい社会人は「どこにそんな時間があるの?」という状態の方も多いと思う。

プログリットでは初回のカウンセリングで一緒に生活スタイルの見直しを行い、どこを削減できるか?どこから勉強時間を捻出できるか?ということを徹底的に洗い出し、月80時間の学習時間を確保する。

例えば…
  • 飲み会には極力参加しない
  • テレビを見る時間を減らす
  • 会社の昼休みを有効活用する

このような提案をガンガンしてくれる。「えぇ、そこまでするの?」と思ったあなた。残念ながら短期間で英会話を習得することはできない。何かを達成しようと思ったら何かを捨てたり我慢したりする必要がある。それほど英語を学ぶことって大変なんだ。

日々の進捗報告+週1回のコーチング面談

私もそうだが、綿密な計画を立ててもそれを実行できない…ということは往々にしてある。それでは単なる「絵に描いた餅」になってしまうから、立てた計画をちゃんと実行できているか?という進捗管理がとても重要だ。

これはビジネスの世界でも同じで、難しいプロジェクトを進める際には「プロジェクトマネージャー」という役割の人がいて、タスクひとつひとつの進捗状況を逐一管理している。これによって計画通りに物事が進むことになる。

プログリットでは対面コンサルティング時に、

  • いつ
  • 何を
  • どこで

勉強するのか?という超具体的な学習スケジュールを立てていく。これに沿っていくことで漠然と「勉強しなきゃ」という不安感だけ増幅していく、みたいなことにはならず、やる気を出さなくても勉強を開始できる。

計画を立てLINEで生活状況を逐一報告

進捗管理を徹底的にやるのがプログリット流。進捗報告というと「今日は◯◯をXページやりました。」みたいなことを想像するが、プログリットでは起床した時やベッドに入った時までLINEでの報告を義務付けている。

生活の一部を覗かれているように感じることもあり、正直嫌な人には本当に嫌だろう。しかしこれをやることで、英語を勉強することの習慣化ができる。

週1回での対面式コーチング

毎日の進捗報告に加えて、プログリットでは週1回対面式のコーチングを行う。オンラインでも受けられるので地方の方でも安心してほしい。

このコーチングでは常に目標と弱点、学習状況を照らし合わせながら、学習計画に微調整を入れていく。ちょっと先週は勉強時間をうまく確保できなかったから、今週は時間を増やしましょう。みたいな提案をしてうまくリードしてくれる。

自分でPDCAを回していくのは難しく挫折する原因になるものだが、勉強方法と勉強の道筋を明確に示してくれるので、迷子になることが全くない。

プログリットの学習継続率は97%と異常な数値を叩き出しているが、ここまで徹底的にサポートしてくれるなら納得の継続率だろう。

ネイティブ並みの発音にはこだわらない

個人的に良いと思っているのが「発音を重視しない」ということ。ネイティブのようにカッコよく話したいという人は別だが、ビジネスの場で通じるくらいの発音でOKと考えている。

発音を本気で極めようとすると、それだけで一生かかるようなものなので、英語を話してビジネスすることが目的であれば、その目的に困らないくらいの発音を手に入れれば良い。

だからといってプログリットで発音を全く勉強できないかというとそんなことは全くない。課題でシャドーイングを担当コーチに送るのだが、その添削の中で発音も指摘してくれる。このプロセスを通じて劇的に発音が良くなる人もいる。

ここで改めて強調したいのは、発音にフォーカスをあてた非効率な勉強はせず、英語を学ぶ過程で同時に発音を学んでいく姿勢が短期間で英会話を習得することにつながるということだ。

プログリットの特徴 – 魚を与えるのではなく、魚の釣り方・いつ魚を釣りに行けば良いのかを教えてくれる

学習理論が確立されているか5

プログリットでは一人一人の弱点を徹底的に分析した上で、個々の学習計画を立てていく。それぞれのレベルや目標によってやるべきことは違うというとても当たり前のことを突き詰めて考えているのが特徴だ。

あえて英会話を教えない

プログリットではあえて英会話を教えていない。これは英語を習得するためにはレッスンを受けている時間よりも自習の時間が圧倒的に多く、重要であるという発想に基づいている。

通常英会話スクールと言えば「こんな画期的なメソッドを開発しました!」という宣伝文句で受講生を集めるのが普通である。しかし、代表の岡田氏はインタビューの中で以下のように話している。

現在の日本で英語を学ぼうとするときに、問題点が2つあります。第一の問題は、手段が多すぎること。たとえば英会話スクール、オンライン英会話、CDやDVD、書籍などの市販の教材。たくさん手段がありすぎて、何を選べば良いかわからない。安価なため、やみくもに手を出すも続かない…ということの繰り返しです。それにも関わらず、英語業界の人たちは新しい学習メソッドの開発に必死なんですよね。手段が多過ぎて何が正しいのかわからないというのが問題なのに、これでは全く問題解決になっていません。

いうなれば、魚をくれるのではなく、釣りのスキルを把握した上で、魚の釣り方やどこで魚を釣ったら良いのかを教えてくれるユニークなスクールと言える。

一人ひとりに合った学習カリキュラムを設定

プログリットでは、画一的な学習メソッドを提示してそれに生徒が合わせるという学習法ではなく、プログリットがそれぞれの生徒に合わせたカリキュラムを提示するということを徹底している。

一人ひとり今までの学習状況も違えば、得意なスキルや苦手なスキルも違う。その中で「やるべきこと」も生徒によって千差万別。英語を教えるのではなく、英語の勉強法を明確にすることで本当に必要なことを必要なだけ行えるようになる。

これこそプログリットで英語ができるようになる大きな理由だと考えている。他のスクールでは自分たちの学習メソッドこそ最高と信じて、合わない生徒はどこか違和感を感じながらも必死についていく。結果自分に合わない勉強を続けても英会話が身につかないということになってしまう。

世の中には良質なテキストやオンライン英会話など一つ一つを取ってみれば最高のサービスが揃っている。オリジナルテキストをウリにしているスクールがあるが、そのテキストの品質はどうなの?と考えると教材開発のプロが作ったものには敵わないんだ。

市販のテキストや既存サービスの中から、自分が本当に必要な組み合わせを明確に提示してくれ、それをやり切るよう面倒を見てくれるので、効率よく力をつけていくことができるのだ。

2ヶ月で終わらず終了後1年間の学習計画を立案

さらにプログリットのすごいところは2ヶ月のプログラム終了時に、今後1年間の学習計画を立案してくれること。

理想的な英語学習
  • 2ヶ月プログリットで習慣化
  • その後自走式で英語力強化 

このように、プログリットで正しい勉強フォームと英語習得のためのロードマップを手に入れた後、自走式で英語力を強化することができる。

「何をどう勉強すれば良いかわからない」と頭を抱えている同僚を横目に、ガンガン英語力を磨いていく。1年後の差はとてつもなく大きなものとなっているだろう。

陸上競技で速く走るためには正しいフォームを身につける必要がある。コーチに正しいフォームを教えてもらい後はひたすらそのフォームを自分のものにしていくと自然とタイムが速くなる。

それは英語学習にも同じことが言えて、プログリットでは英語を早く習得するためのフォームを教えてくれる。一生ものの勉強スキルを習得することができる。実はこれこそプログリット最大の価値である。

プログリットの料金とコース – コスパ高し!30日間返金保証あり

料金は妥当か4.5
 入会金受講料合計
2ヶ月プラン50,000円(税抜)328,000円(税抜)378,000円(税抜)
3ヶ月プラン50,000円(税抜)468,000円(税抜)518,000円(税抜)

2ヶ月or3ヶ月で一生ものの正しい勉強方法が手にはいる

読者の皆様が気になるのは、効果と料金が見合うか?言い換えれば料金ほどの価値があるか?という点であろう。

この問いに対して、私は自信を持って「プログリットのコスパは高い」と即答する。なぜなら今後英語学習について迷うことがなくなるからである。

正しい勉強方法を知らないが故に「ノウハウコレクター」「英語学習法ジプシー」になってしまう。世の中には勉強方法が溢れすぎて、逆に何をしたらいいかわからず、質の低い勉強を続けてしまうという人が多く存在する。

プログリットでコーチングを受けておくと、その後の勉強も質の高いものになる。2ヶ月で30万円以上って高すぎ!と思うかもしれないが、正しい勉強フォームを教えてもらうと考えれば非常に価値が高いサービスである。

何年も教材や魔法のような勉強を探し、同じレベルをさまよい続ける学習者になると、時間とお金を大量に無駄にしてしまう。これを回避できるだけでも受講料は払う価値がある。

30日間返金保証制度があるので安心!ハードルも低い

「いざ」という時のために、プログリットでは30日間の返金保証制度も用意されているので、安心して申し込める。

返金条件
  1. 全額返金申請は、初回面談日より30日以内に行う。
  2. 全額返金申請は、来店のうえ書面での手続きを行う。
  3. 全額返金制度を利用した場合、以降プログリットのサービスを受けることはできない

条件はたったこれだけ。よくある返金までのハードルをやたら高くして実質解約不可能というパターンとは一線を画している。サービスに対する自信の裏返しと言える。

この条件であればとりあえず申し込んでみて、どうしても合わない場合には全額返金制度を利用するという使い方もできるので、高額のサービスが自分に合うか不安という人でも一歩を踏み出してみて欲しい

ビジネス英会話とTOEIC、TOFFL/IELTSの3コースを用意

プログリットでは、英語を学ぶ目的に合わせて以下の3つのコースを用意している。

  • ビジネス英会話コース
  • TOEICコース
  • TOEFL/IELTSコース

ビジネス英会話コースの内容と対象者

コース内容
  • 英語で議論や交渉ができるレベルを目指す
  • 徹底したシャドーイングでネイティブのスピードに慣れる
  • 頻出表現を学びアウトプットでスピーキング力向上
対象者
  • 仕事でしっかりと自分の意見を話せるようになりたい人
  • 海外出張や駐在で困らないレベルの英語力を付けたい人
  • TOEICの点数はいいけど話せないと悩んでいる人

TOEICコースの内容と対象者

コース内容
  • 点数アップではなく本質的な英語力向上を目指す
  • 語彙力アップや基礎文法の習得など英語基礎をみっちり固める
対象者
  • TOEICスコアを短期間で上げる必要がある人
  • 何からTOEICの勉強をしたらいいかわからない人
  • 勉強してもTOEICのスコアが上がらない人

TOEFL/IELTSコースの内容と対象者

コース内容
  • TOEFL/IELTS学習の習慣づけを行う
  • 苦手なスキルを重点的に学習することでスコアアップを狙う
  • 本質的な英語力のアップを目指す
対象者
  • TOEFL/IELTSでハイスコアを取る必要がある人
  • TOEFL/IELTSのスコアが伸びず悩みを抱えている人
  • 海外留学して困らない語学力を身に付けたい人

とは言っても料金はどのコースを選んでも変わらないため、事前にコースを決めておく必要はない。カウンセリングの中で自身の目標を伝えればコンサルタントが上手く誘導してくれる。

オンラインでも受講可能で地方/海外在住者でもOK

通いやすいか5

プログリットはその人気も相まってどんどんスクール拠点を拡大している。まだまだ全国というわけにはいかないが、プログリットではオンラインコースも用意しており、地方在住者でも首都圏に住んでる人と変わらぬコーチングを受けることができる。

これもプログリットがコーチングに特化しているところが大きく、オンラインでもオフラインでも遜色のないサービスが受けられる。英語を教える時にはどうしても対面式のマンツーマンが有利になるが、コーチングであれば差はない。

プログリットの拠点一覧

校舎一覧
  • 有楽町校
  • 新橋校
  • 新宿校
  • 渋谷校
  • 赤坂見附校
  • 神田秋葉原校
  • 池袋校
  • 横浜校
  • 名古屋校
  • 梅田校

オンラインでも受講可能

ご覧いただいてわかるように東京、横浜、名古屋、大阪と大都市にしかプログリットの校舎はない。しかしオンラインでの受講にも対応しているため、上記の校舎に通えないという人でも大丈夫。

地方に住んでいる人だけでなく、海外に住んでいる人もプログリットの質の高いコーチングを受けることができる。

  • 海外駐在したはいいけど英語で苦労している人
  • 夫の海外赴任に付いていき、短期間で英語を話せるようになりたい人

など、現在進行形で非常に深い悩みを抱えている人が利用できる制度になっているところは大きな魅力。

プログリットはこんな人におすすめ

ここまでの話を総合すると、プログリットのメリット・デメリットは以下のように整理できる。

プログリットのメリット

プログリットのメリット
  • 生活レベルまで踏み込み質の高い自習時間を確保するコーチング
  • 一人ひとりの弱点を分析して適時に見直す学習カリキュラム
  • 終了後に1年間の学習プランを立ててくれるため迷わず勉強できる

英語学習では「継続こそ力なり」と言われるが、独学で勉強していて継続できる人は一握り。3日坊主にならないだけでも才能と言える。

そんな一握りの才能である「継続」を誰でもできるように落とし込んでいるのがプログリットの凄いところである。プログリットのコーチングを受けることで手に入れるのが難しい「英語学習の習慣化」が可能になる。

また、一人ひとりの弱点と目標を踏まえて、最適化された学習プログラムを組んでくれるので一切の無駄がない。これは他のコーチング英会話も同じであるがプログリットではさらに時間単位でやるべきことを整理してくれる。

余計なことは何も考えず、言われたことを言われた通りにやりきれば目標とする英会話レベルに到達する。勉強にただただ集中すれば良いという状況を作れるのは大きなメリットだ。

プログリットのデメリット

プログリットのデメリット
  • 英語自体を教えるわけではないのに受講料金が高い
  • ストイックな生活を求められるので「本気」じゃないと挫折する
  • ネイティブ並みの発音や表現を習得したい人には合わない

プログリットは40万円近く一気にお金が出ていくことになるため、人によってはやっぱり高いと感じるだろう。ただそこはハードルの低い30日間の全額保証制度をつけてミスマッチがあれば返金に応じるということでカバーしている。

また、プログリットでは徹底的に生徒のことを考えた学習計画を立ててくれるが、その計画を実行するのは誰でもないあなただ。当たり前のことであるが1日2時間から3時間も勉強するためには、英語学習に「本気」であることが必要だ

逆に言えば「英会話ができるようになったらいいな」とか「海外旅行で困らないようになりたい」と言った漠然とした目標しか持たない状態でプログリットの門を叩くのはやめた方が良い。

プログリットがおすすめな人

メリット・デメリットを踏まえてプログリットをおすすめできる人をまとめておこう。

プログリットがおすすめの人
  • 英語の勉強方法に迷っている人・ノウハウコレクターの人
  • 短期間で英会話を身に付けたい人
  • TOEICのスコアアップと同時に本質的な英語力を向上させたい人

特にオススメしたいのが暇さえあれば本屋に行き、良い英語の教材が出ていないか探している人。昔の私がまさにそうだったのだが、このような行動をしている人は勉強方法に迷っている証拠だ。

教材探しに時間を取られて肝心の勉強をしていないことを今すぐ自覚し、英語学習法のプロに相談した方が良い。

プログリットの口コミ・評判まとめ

ここまでは主観でプログリットを散々おすすめしてきたが、他の人の口コミや評判も参考までに載せておく。

一方で口コミや評判は簡単に作れるものなので、全てを鵜呑みにするべきではない。やはり一番良いのは、カウンセリングに足を運び、自分の目と耳と直感で本当に英会話力を伸ばせるのかを見極めることであること、強調しておきたい。

プログリットの良い口コミ

毎回的確にフィードバックくれるので、モチベーションが保てる

解説

一人で勉強しているとモチベーションがどんどん下がってしまうのだが、週1回の面談でしっかりとモチベーションをアップしてくれる。これにより、英語を継続するのが楽になりやがて習慣化される。

プログリットで実体験したモチベーション維持の原則はコンサル支援時にとても役立っている

解説

プログリットでは目標を立て、それに向かってどのようにモチベーションを維持しながら取り組んでいくかということについて、原理原則を教えてくれる。プログリットメソッドは、英会話学習に留まらずあらゆる物事に応用できる。

高いお金を払うことで、言い訳できない状態に身を置く

解説

プログリットは高いからこそ「元を取らなきゃ」と思い頑張る。人はニンジンをぶら下げられるか退路を絶たない限り自分を甘やかしてしまう生き物。プログリットは高いお金を払っているというのが後戻りできない状況を作り出している。

プログリットの悪い口コミ

興味あるけどすごい高いから怖気づいてしまう

解説

やはり料金が高いという意見が一番ネガティブな口コミ・評判の大部分を占めていた。確かに費用が高いことは否めないため、得られる価値と料金との比較考量になってくるだろう。個人的な意見として、英語を本気で学びたい人にとっては価値>料金となることが多いと考える。

正直、期待水準には達していない

解説

全員が全員プログリットが期待以上と感じるかというともちろんそんなこともない。何度も言うが、しっかりと自分に合うか確かめた上で通うかどうかの決断を行う必要がある。その判断材料は多ければ多いほど良いので、カウンセリングでは積極的に質問することをおすすめする。

【結論】プログリットは英語を本気で学びたい人全員におすすめできる

正直に言うとプログリットは満足感を得られる人と得られない人に真っ二つに別れるスクールだと思う。

なぜなら自分なりの勉強方法を確立しており、学習計画を自分で立てられる人にとっては「こんなん自分でもできるじゃん!!」と感じるから。

ただ大抵の人は「正しい学習計画の作成→計画に沿った勉強」ができないから苦労しているわけで、そこをサポートしてくれるのはかなり大きいのではないだろうか。

英語を教えない英会話スクールという一風変わったコンセプトであるが、突き詰めて考えると非常に理に適ったスクールであると言える。英会話の学習をするならプログリットで正しい勉強のフォームを作っておくと、そのあとの伸びが違ってくる。

英語を勉強する人全員におすすめできるスクールであるので、気になったらまずは無料カウンセリングに足を運んでみよう。オンラインでも対応可能なので気軽に参加できる。

プログリットの無料カウンセリングはこちら